浴衣着付け教室参加レポート

浴衣着付け教室

普段着物を着ることはほとんどない私たちですが、夏には「浴衣」があります。お祭りのときにちょっと自分で着ることができたら気分も上がり、周りからも「素敵ね!」と言われること間違いなしです。

前回の交流会で、着付けの資格(文部省認可 民族衣装文化普及協会 中級講師)を持ち幅広く活動している諸橋さんのお話に「着物の魅力」を改めて感じたメンバーさんがたくさんいました。そして、実際に7月に浴衣着付け教室に参加した板垣さんにその様子をレポートしていただきました。

申し込みまでの気持ちのゆらぎ・・

着物・・着ている人を見ると素敵だなぁと思うくらいの遠い世界。

諸橋さんから「浴衣着付け教室」を開くから来てね!のチラシをもらい、浴衣か、いいなぁ。でも持ってないし、難しそうだし、私には敷居が高い、と尻込みしましたが・・・。

着物や浴衣は日本の文化。
「日本人なのに着れないのはもったいない」「着物を着ているだけで歳を重ねてもいつまでも「おキレイですね」と言われる」と、着物にはメリットがいっぱいあることに気づき、興味がわいてきて。

ん?まてよ。もしかしたら実家の母がもってるかも・・・
ありました!未使用の浴衣が。
でもでも、2回のレッスンではたして浴衣が着れるようになるのかな?
できるかどうかわからないけど、やってみよう!と申し込み。

ちょっとドキドキの1回目のレッスン

「よろしくお願いします」と礼に始まり、まずは着物の各部の名称。袂(たもと)、身八つ口などの和装小物についての説明。浴衣をたたんでひもと帯を並べて着る準備。

いよいよ説明してもらいながら一緒に着ます。手の感覚で、鏡は見ません。
タオルを半分に折り、お腹の回りでぐるりと紐で結びます。
着物を肩にかけ右手、左手と袖を通し、襟を左前に重ね、ウエストのあたりを2本目の紐で結びます。
身八つ口から手を入れておはしょりの部分を整え3本目の紐で結びます。
ここまでで一段落。なんとなく着物が着れた感がでました。
次ははじめから一人でやってみる。・・・わからない。
教わりながら繰り返します。
次は帯。浴衣の上に帯をくるくると2回巻いて結んで垂れ部分をパタパタパタと折りたたみ、蝶やリボンのようにかわいい羽根ができました。よく見かける蝶結びです。
おーできた!
蝶結びのアレンジ方法も教えてもらいました。

そして浴衣の歴史などの説明でより愛着がわいてきます。
「日本の文化は結ぶことを大切にしています」などなど。
浴衣の畳み方も教えてもらい1回目無事終了。

2回目のレッスンでしっかり身につける

浴衣着付け教室に参加した

1回目の復習を兼ね、一緒に浴衣を着て、違う帯の結び方を習いました。
半幅帯の男結びと貝の口結び。
着たり脱いだりを繰り返し、後は実践あるのみ!

ああ、おはしょりが長くなってしまった・・・帯の結び方はどうだったかな。
手順は怪しいながらも「浴衣」を着れるようになりました。
そして念願の浴衣でランチ!
1ヶ月前には想像もしなかった新しい自分になれました。やったー!

—以上 板垣さんレポート—

講師の諸橋さんからコメントをいただきました

とても素敵な、長板中形の浴衣をご用意して参加されました。
帯は草木染で大人の雰囲気がある優しい帯でした。
この、浴衣と帯・・・久々に光を浴びた様子・・・。
板垣さんのように、実は実家の箪笥には眠っている浴衣や着物があったりします。
着てあげましょう!
反物は日本人の誇るべきスタイル、女性の美のアイテム、日本文化・日本技術・職人の繊細技術の象徴。
板垣さんも、眠っている浴衣と着物を手にしたときそれを感じてくれたということは、まさに『日本の女性』ということでしょう。

私の着付け教室は、鏡を見ないで着付けるように進めています。
鏡を見ることで、まず時間がかかります。
全て、指先・手の間隔で合わせていきます。
この指で布を撫でて着付ける仕草がまた女性らしいのです。

慣れてくると10分で着付けれるようになります。(浴衣ならもっと早い)
手が勝手に動いてあっという間に着付けることができる、そんな日がきます。

お稽古の様子

板垣さんは全くの初心者。
子供のころ、お祭りでも浴衣を着ることはなかったといいます。
それもあってか、とても興味深々。
そんな彼女でも、1回目のお稽古で基本の帯結びまで結んでちゃんと形になりました。
いつもの板垣さんより和やかにみえます。御主人にお見せしたい、と思いました。
1回目のお稽古終了後、一人で着付けたそうです。
その時は一人で上手に着れたと喜んでいました。

そして、2回目はポイントや上手に着付ける裏技を教えます。
1回目の時よりも、さらに上手に着付けることができます。
生徒さんが上手に着れるようになると、私もとてもうれしく思います。

その後のランチに板垣さんが上手に浴衣を着てきたときは、講師でありながらも『とてもいい時間を過ごしている素敵な女性!』と思いました。楽しみが、また1つ増えたのではないでしょうか。そして、その浴衣を着てもらって一番喜んでいるのはお母様ではないでしょうか。

—-以上 講師の諸橋さんコメント—-

レポートまとめ

浴衣着付け

いかがでしたか?チャレンジしてしっかり習得した板垣さん、レポートありがとうございました。長岡祭りの大花火大会には自分で着付けた浴衣で出かけたそうです。素晴らしいですね!

箪笥に眠っている着物がある方は多いと思います。かくいう私もそのひとりですが、自分で着ることができたら本当にいいな、と思いました。ちょっと箪笥の中をのぞいてみようと思います。

そして、何よりも行動することが大事なんだな、とまた強く思ったのでした。(by白井)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク